都心の高齢者 介護施設、どこ行けば 2014年12月11日 朝日新聞より引用

 団塊の世代の私、あと数年で70歳。

 

90を越した母を看取って もう2年半になるが

まだまだ若い?つもりでも 70代に入るのか・・・

自らに迫りくる老いを自覚しつつある。

 

老後の生活設計が とても貧弱なので

以下 引用する記事を読むと不安を覚える。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

80歳の妻は東京都品川区の自宅から電車とバスで約2時間かけ、茨城県つくば市の病院を訪れた。同い年の夫が8月に肺炎にかかり、入院しているからだ。

 「遠くて、体がつらくて」。それでも、夫が心配なので週に1回は通う。

 かつて夫は流通会社で働き、妻も給食をつくる仕事をしていた。年をとってからは厚生年金を夫が月に約18万円、妻が月に約12万円の合わせて約30万円受け取り、一人娘に頼らずに自宅で暮らしてきた。

 大きく変わったのは昨年夏、夫が高熱を出した後に歩けなくなってからだ。認知症も進んだため、高血圧に悩む妻が自宅で介護をするのは難しくなった。

 品川区内には当時、特別養護老人ホーム(特養)が8カ所あった。特養は法人税や固定資産税を免除されるなどの優遇もあって、身近な介護施設では最も安い。区内の特養は入居費が月に10万円前後で、夫の年金で十分まかなえた。

 しかし、入居を望む申請者が600人以上もいた。夫の要介護度はいまは最も高い「5」だが、当時は「1」だった。介護支援の相談員から「要介護度5で、90歳以上じゃないと入れない」と言われ、あきらめざるを得なかった。

 次に探したのが有料老人ホームだ。だが、入居を仲介する不動産業者から首都圏のホームのリストを見せられ、驚いた。

■一時金1200万円

 「入居一時金1200万円 月額利用料21万円」(品川区のホーム)、「一時金不要 月額利用料28万円」(千葉市のホーム)……。地価が高い都市部ほど入居の費用が高かった。

 入るときに払う入居一時金は、平均的な入居期間とされる5~7年の家賃相当の前払い金や敷金にあたる。月々の利用料はおもに家賃、管理費、食費だ。

 両方かかるホームもあるし、一時金がないホームもある。一時金がない場合も、利用料にその分の家賃が上乗せされる。

 それだけではない。「ほかにも月に5万円は見込んだほうがいい」。不動産業者にそう告げられた。

 介護サービスは介護保険から9割出るが、自己負担が1割ある。訪問診療を受ければ医療費は75歳以上も自己負担が原則1割ある。さらに散髪代やおむつ代などもかかるというのだ。

 結局、月額利用料が12万円のつくば市のホームを選ばざるを得なかった。夫は昨年秋にホームに移り、今年8月に近くの病院に入った。「都心の施設は縁遠い場所でした」と妻は言う。

 夫婦はいま、新たな問題に直面している。自力で食べるのが困難になった夫は最近、胃に管を通して栄養をとる「胃ろう」をつくった。だが、ホームには胃ろう患者をみる態勢がなく、退院しても戻れないのだ。

 新しい施設はまだ見つかっていない。「お父さん、また来るからね」。妻は不安をおさえながらそう声をかけ、病室を後にした。

Tags: ,

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ