この頃、母は尿とりパットを便槽に落とし、トイレ詰まらせ事件が起きたのだった 

H19/3/21(水)「ディサービス連絡帳」

本日、お薬をお忘れになったようです。

少しずつですが、元気が戻ってきたようです。

腰の方は相変わらずのようですが、ディにいらしている最中は

ご自分のペースで過ごされております。

本日もお元気でした。  

「趣味活動・レクレーション・リハビリ」:体操

完食:ごはん、味噌汁、漬物、温野菜、さつま揚げ煮、リンゴ

残し:オムレツ少し

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

H19/3/23(金)「ディサービス連絡帳」

暖かくなってきてよかったですね。

笑顔もとっても増えて嬉しいです。

せっかくのお花見ができそうな週末・・・

お天気下り坂ですね。

今日も元気、食欲もあり おしゃべりも沢山・・・

月曜日 元気でお会いしましょう。 

 

完食:ご飯、豚汁、みかん、豚しゃぶ、モヤシ添え、かぼちゃ煮

残し:漬物

 

「家族からの連絡」

昨日トイレを詰まらせてしまって大変な一日でした。

一人暮らしの大変さがしみじみです。

これからは、もっともっと、気を配らなくてはと、思っています。

 

「管理人」

この頃、トイレ詰まらせ事件が起きたのだなぁ・・・

(一人暮らしの母がトイレで用をたしているときに、気付かずに尿とりパットを便槽に落として

便器を詰まらせてしまった事件)

あれから、もう8年にも!なる。

以下、(このブログ内にて)その時のことを書いた記事を転載。

(兄妹連絡メモ)
トイレで排便するとき、便槽内に何か落としていないか気を付けて見るよう母に言い聞かせているが、クドクドと皆でくり返し言い聞かせよう。自分で気を付ける、気を付けようとすることが母のボケ防止にもなるし。

(※ トイレで便器に跨って用を足しているとき、母が尿とりパットなどを便槽に落としてしまうことが何度もあった。一度はそのまま吸い込まれてしまった為にトイレが詰まり、汚水が床に溢れ大事になったことがある。
専門業者に便器を分解してもらって複雑に絡み付いていた尿とりパットを排除し、ようやく詰まりが取れたのだった。
ムズカシイ作業だったので3万円近く修理代金を請求された。)

(※後日談:このあと、便槽の孔に手作りで太い針金を粗く編んだ網を設置して、尿とりパット落下時に吸い込まれるのを防止することができた。
ただしこの装置!には一つ問題があり、トイレットペーパーに再生紙を使うと詰まってしまうので、ピュアなパルプ紙を使わないといけない。金網を便器排水孔に取り付けたためにその分、流れが滞るようになったのである。(ヘルパーさんが再生紙のトイレットペーパーを買ってきたために、何度もトイレが詰まり汚水を溢れさせそうになり、再生紙はまずいということが分かった。)
以後、何度も尿とりパットは落下したが、それが排水管内に吸い込まれるのは防げるようになった。独居老人を介護している他のお宅では同じようなことが起きていないのだろうか?)

 

 

 

 

 

 

 

Tags: , ,

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ